日赤病院の池上先生とともに

こんばんは!今日は日本赤十字社和歌山医療センター呼吸器内科副部長である池上達義先生にインタビューをさせて頂きました。遅い時間帯にお邪魔させて頂いたにも関わらず、快く質問に答えて頂きました。さらに、ワヘルス主催の禁煙イベントにも日程が合えば講師として参加するとおっしゃって下さって、非常に禁煙に関して熱心な方だと感じました。そのような池上先生との対談を抜粋して要約し、以下に載せます!

 

 

濱田:禁煙外来がどのように行われるかついて教えていただきたいです。

 

池上先生:まず、要件([参照]へ)を満たせば禁煙治療は保険で行えます。禁煙治療は主に薬物療法とカウンセリングを用いて治療を行います。そもそも、タバコがやめられないのはニコチン依存と心理的依存が原因です。ニコチン依存に対しては薬物療法が非常に有効であり、基本は薬の処方を行います。心理的依存に対しては認知行動療法を応用したカウンセリングが中心になってきます。カウンセリングの中では、タバコを吸いたいと感じたときにどうするかといった対処法を患者さんと話し合い、その方が実行可能な方法を選んでいきます。

[参照]「すぐ禁煙.jp」http://sugu-kinen.jp/treatment/about/

 

濱田:今まで禁煙外来で治療をしてきた方々の中で印象深い患者さんについてのお話を聞かせて頂きたいです。

 

池上先生:あるヘビースモーカーの患者さんは禁煙したいと思い、この禁煙外来に通うようになりました。薬を使って3か月間治療を行いましたが、1本も減りませんでした。次の年にまたやって来られました。この年は、勤務時間中はタバコを吸わないことを目標にして、達成されましたが、その反動で家でたくさん吸ってしまい結果的に全体の本数はそれほど減りませんでした。次の年もまたやって来られました。この年は、車の中でも吸わないことを目標にして、達成されました。この成功体験により、タバコも徐々に減っていきました。そして次の年、見事禁煙されました。これは禁煙を成功させるには諦めずに何度もチャレンジすることが大切だということと、禁煙のスキルはチャレンジするたびに上がってくるということをよく表してくださった患者さんとして印象に残っています。

 

濱田:最後に、禁煙外来について喫煙されている方に知ってもらいたいことはありますか。

 

池上先生:禁煙外来は喫煙を非難する場所ではないということです。喫煙されている方の中には医療機関で喫煙について咎められたことがある方も多いと思いますが、禁煙外来は喫煙されている方のためにあるものなので、非難するようなことはありません。むしろ歓迎しています。また、禁煙が成功しなかったからと言って罰を受けるようなところでもありません。禁煙というのは一回で成功しないのがほとんどです。繰り返し挑戦することで成功確率が上がっていくものなので、気軽に受診して頂ければよいと思います。さらに、禁煙による健康面以外のメリットについても知っていただきたいです。本人は気づきにくいタバコの臭いが消えたり、気持ちが前向きになったり、周りの人との関係が良くなったりと人それぞれいろいろなメリットを感じています。禁煙体験記はwebサイトやブログなどで見れるのでぜひ。

 

 

以上です。池上先生、貴重なお時間を割いて頂きありがとうございました。池上先生は和歌山の学校敷地内禁煙に尽力された方でもあり、本当に尊敬します。自分も先生のように自分の病院だけでなく、社会に対しても訴えかけるべきことは訴えかけることができるような先生になります。

 

 

【補足】
和歌山県教育委員会が学校の先生方の禁煙体験談を特集しています。
「やっぱり、やめてよかった。たばこ」
 
池上先生が監修された禁煙外来用のパンフレットです。
「やっぱり、やめてみるか。たばこ」